Miss of Miss Campus Queen Contest 2006 日本大学芸術学部

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
みなさんあけましておめでとうございます。

ミスミスのテレビオンエアで受賞シーンで私が涙ぐんでいるところを父が見て
「らなは泣き顔が汚い」と言われてしまいました。


高田らなです、こんばんは。

ブログの更新がかなり遅くなってしまって申し訳ありません。

もうテレビオンエアになってしまったのですが今更ながら
更新させていただきます。

とにかく本戦は楽しかったです。
この企画に出場させていただけたことは私にとって一生の思い出となりました。


舞台裏でもずっとカメラが回っている状態でしたが
みんな和気あいあいとした雰囲気で本当に楽しかったです。
終了後はミス上智大学の美郷ちゃんと準ミスター立教くんと
ご飯して帰ろうってなったのですが
クリスマス前のお台場はものすごく混んでいたので断念しました。
みんなと仲良くなれて本当に嬉しかったです!!

私にこんなステキな経験をさせてくれた周りの方々に感謝せずにはいられません。

私を支えてくれた両親や友達、
当日応援にかけつけてくださった先生、友達、先輩方。
MARKSのみなさん。
RITZのみなさん。
他大学のミスのみなさん。
ブログを読んでくださったみなさん。
Miss of Missに関わってくださったすべての方々へ。

本当にありがとうございました。

私がグランプリという賞を受賞できたのは周りのみなさんのおかげです。
とても嬉しい反面、
正直、「私なんかでいいのだろうか」と思う気持ちもありました。


ですが、私を選んでくださった方々がたった一人でもいらっしゃるのならば
その方に失礼にあたるわけですし、
今の自分に自信を持って歩いていくべきだと、
前向きに、もっと自分が成長していけるようにがんばろうと思いました。

私は、いつまでも私らしく
内面も外見も磨いて行きたいと思います。

ミスミスに出場できたことは私の一生の思い出であり、
自信につながりました。

ありがとうございました!!



スポンサーサイト
2007.01.10 06:07 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。